Brave X Tech

ブレイブボール開発背景

ベアリングボールとは?

  1. 1ベアリングは、自動車や航空機、発電機、自転車、または冷蔵庫や掃除機、エアコンなどの家電製品にも使用されます。
  2. 2ベアリングは回転する「軸」と、回転を支える部分との間に使用されます。
  3. 3ベアリングは摩擦を少なくし、回転を滑らかにします。
  4. 4ベアリング市場で最も売上を占めているのが、自動車用ベアリングです。
    (世界市場は5兆円〜7兆円)
  5. 5自動車にベアリングが無いとエンジンが動かない、ライトもエアコンもつかない、つまり、自動車には絶対に必要です。
  6. 6自動車では1台あたり、約100個〜150個のベアリングが必要です。
  7. 7エンジンに入って来る燃料、空気や、出ていく排気ガスをコントロールするバルブを動かす装置などに使われます(耐腐食性の高い事)。

ベアリングボールの用途

  • 自動車部品
  • 産業機械
  • 産業機械
  • 高温用途
  • 風力発電機ブレード

現在のベアリングボールが
抱えている問題

  • ● 鉄鉱石の枯渇
  • ● レアメタル問題
  • ● 二酸化炭素問題=1トンの製造量で
    2トンの二酸化炭素の排出
  • ● 鉄損が起きる為、電気自動車に向かない。
  • ● 窒化ケイ素は軽量で高強度・高剛性・耐摩耗性
    であるが価格が高い。
ベアリングボール

ブレイブボール製造のメリット

  1. 1. 原料は砂漠の砂で
    無尽蔵に存在する
  2. 2. レアメタル不要・
    CO2の排出ゼロと環境に貢献
  3. 3. 高絶縁性
  4. 4. 軽量
  1. 5. 高強度
  2. 6. 高剛性
  3. 7. 耐摩耗性
  4. 8. 耐熱性
  5. 9. 加水分解しない
  1. 10.バインダー不要
  2. 11.焼結前の研磨が可能
  3. 12.研磨時間が少ない
  4. 13.窒化ケイ素と比べて安価

ブレイブボールの素材
シリコン合金と
他社各種素材の比較(ヤング率)

ブレイブボールの素材 シリコン合金と他社各種素材の比較(ヤング率)
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら